高度情報時代の病院との関わり方

公開日: : 医療事務 資格

これほどまでにインターネットが発達した世の中なので病院の情報もかなりのところまで得ることができます。

実際に患者が病院を選ぶときに現在では多くの人がインターネットを駆使して情報を得て判断していると思います。

病院のホームページから、口コミサイトまであらとあらゆる情報があり、比較することで医療の内容を知ることができたり、医師の情報を得ることもできます。

ただ情報が高度になりすぎて逆に判断が難しくなったりすることもあります。

最新の高度な治療を受けることができるといううたい文句があっても実際にその詳細の技術的なことは患者では判断できないことも多くあります。

口コミ情報なども、やはりあくまで個人的感想で構成されているのでどこまで信用していいかわからないところもあります。

ごく一部の偏った意見である場合もありそれらに影響されて正確な判断ができなくなる場合もあります。

病院と関わる上でこの情報を正確に判断できることが大切になってきます。

一つの病院だけでなくセカンドオピニオンも聞くことも普及しつつあり、闇雲に雑多で不正確な情報で判断することなく、適切な情報で判断しつつ病院との関わりを持つようにしなければなりません。

関連記事

専門科で働く医療事務 整形外科編

整形外科の医療事務は他の科と比べると保険診療以外の取扱いが多いかもしれません。 労災や交通事故など

記事を読む

私が昨日行った胃腸内科外科病院について

先日、私は膀胱炎だと思い以前に助手で働いていた胃腸内科外科病院に行きました。 そちらでは最初に

記事を読む

医療事務で働いてみたい人はたくさんいる

医療事務を勉強してみようと思う方が多い昨今。 CMや通信教育で大々的に「結婚や出産をしても続け

記事を読む

医療事務という仕事を円滑に行うには

総合病院で働き始めた私は医療事務の仕事が初めてである事、体調を崩して来院している患者さんを相手にする

記事を読む

医療事務の仕事とはどのようなもの?

医療事務の仕事と言えばレセプト、受付と会計とイメージが強いと思います。 病院によって違いますが

記事を読む

PAGE TOP ↑