医療費にかかるお金を少しでも安くする

公開日: : 病院

病院へ数回行くということではなく、長く病院に通わなくてはいけないということになったとき、やはり医療費として必要になってくる資金面が心配になってくると思います。

この様な状態になったときに、少しでも医療費を安くする若しくは上手く病院通いを可能にする方法として対処方法を記述したいと思います。

長く病院通いをしなくてはいけなくなったときには、病院で貰った領収書はきちんと保管しておくことをオススメします。

この場合人によりますが、年間の医療費がいくらになったかによって医療費控除を受けることが出来るからです。

確定申告と呼ばれる手続きが必要でそのときに病院から貰った領収書が必要なので、領収書を手元に保管しておいた方が良いということです。

そして、現在ではお薬の処方については、処方箋を発行してもらい、調剤薬局でお薬をもらうことになるかと思いますが、このとき調剤薬局でお薬を貰う時間帯を気にしておくことも良いと思います。

それはATMの時間外手数料と同じ様に調剤薬局でも時間外手数料を取られることがあります。
従って、もし直ぐにはお薬が必要でないときは時間外手数料が掛からないときにお薬を貰った方が良いと思います。

以上のことご参考になればと思います。

関連記事

これからの病院について考えること

例えば、頭が痛いなと思った時に、脳神経科や内科に行くなど、どこに行ったら治るのか迷うことがあると思い

記事を読む

病院の定期健康診査の検査結果の伝え方

胃の具合があまり良くない頃、市から病院の定期健康診断の封書が来ていたので、早速病院に直接電話をして定

記事を読む

病院と連携した長期のリハビリテーションを

私は、介護保険で要支援1なので、ディサービスに週に一回通っています。 朝行って、簡単な運動をし

記事を読む

新しい病気が出てきても、対応素早い病院の凄さよ!

この前までは殺人マダニとかデング熱が世間をにぎわせて、ウイルスでは、インフルエンザ、ノロウイルス、エ

記事を読む

医療事務の仕事を探す前に心得ておくべきこと

医療事務は未経験だけれども、仕事の内容を見ると自分には向いていると思うとしましょう。 協調性もあっ

記事を読む

PAGE TOP ↑