医療事務の仕事を探す前に心得ておくべきこと

公開日: : 病院

医療事務は未経験だけれども、仕事の内容を見ると自分には向いていると思うとしましょう。
協調性もあって人と話すことも苦にならず、パソコンもメールやネットくらいならできるという人です。
医療の知識はなくても事務ならできるだろうと考えます。

実際に医療事務資格は不要で、初めてでも丁寧に指導しますという求人はあります。
確かに資格云々ではなく実際に仕事がテキパキやれるかを問われるのです。
意欲があって理解力があれば数か月長くても1年くらいで十分独り立ちできるでしょう。

ただしこの意欲や理解力で個人差が表れるのが医療事務の仕事です。
適性、つまり向き不向きは少しずつ表に出てくるのです。

前向きに覚えていこうとする人でなければ、最初はかなりハードです。
医療事務で覚えることは山ほどありますし、2年に1回診療報酬の改定もあるので厄介です。

そして受け付け業務の場合は患者の顔と名前もなるべく早く覚えなければいけません。
患者の応対やクレーム対応など神経を使うケースも多々あります。

とにかく常に頭を動かし気配りをする職場だということを心得ておくべきです。
医療事務はアルバイトやパートでも働ける仕事ですが、決して甘い考えで気軽な気持ちで飛びこむべきではないということです。

関連記事

医療費にかかるお金を少しでも安くする

病院へ数回行くということではなく、長く病院に通わなくてはいけないということになったとき、やはり医療費

記事を読む

これからの病院について考えること

例えば、頭が痛いなと思った時に、脳神経科や内科に行くなど、どこに行ったら治るのか迷うことがあると思い

記事を読む

病院の定期健康診査の検査結果の伝え方

胃の具合があまり良くない頃、市から病院の定期健康診断の封書が来ていたので、早速病院に直接電話をして定

記事を読む

病院と連携した長期のリハビリテーションを

私は、介護保険で要支援1なので、ディサービスに週に一回通っています。 朝行って、簡単な運動をし

記事を読む

新しい病気が出てきても、対応素早い病院の凄さよ!

この前までは殺人マダニとかデング熱が世間をにぎわせて、ウイルスでは、インフルエンザ、ノロウイルス、エ

記事を読む

PAGE TOP ↑