医療事務の仕事とはどのようなもの?

公開日: : 最終更新日:2014/12/16 医療事務 資格

医療事務の仕事と言えばレセプト、受付と会計とイメージが強いと思います。

病院によって違いますが、医療のお手伝いすることも時にはあります。
例えば医師や看護師の指示に従い、尿検査のためのコップを渡すなど。
最近では医師の電子カルテを入力する業務もあります。

医療業務の補佐的な仕事をすることも多くなりました。
それによって医療に直接携わる職種の方達の負担を減らすことにもなります。

レセプトは月末で締めて月10日まで各保険機関に提出するので、月初めの医療事務の仕事はとても慌ただしいです。

レセプトでは医者に見てもらい、検査や薬に関しての病名を付けてもらい、入院患者で薬や検査など多い場合は理由を書いていただいたりしています。
このように細かなチェックをしてしっかり記入して各保険機関に提出します。

受付はみなさんもお分かりの通り、初めて受診される場合は保険証提示求められ、どこの調子が悪いのか、これまでの病歴、アレルギーなどあるかを用紙に書いて提出するか口頭で聞かれていると思います。

保険診療のだけではなく、場合によっては自費でかかるのもあるのでそれらの計算もします。
入院患者でしたらお小遣い管理やおむつ代などの計算もあります。

医療事務は保険に関わるとこだけでなくほかにかかる諸々の計算もするので大変ではありますが、その分やりがいもあり、知識も身につきます。

 

関連記事

「行き付けの病院の大切さ」に関するお話

私は2年前に今住んでいる地域へ引っ越しをしてきたのですが、新しく引っ越すということは新しく近場で掛か

記事を読む

医療事務で働いてみたい人はたくさんいる

医療事務を勉強してみようと思う方が多い昨今。 CMや通信教育で大々的に「結婚や出産をしても続け

記事を読む

最近の病院について考えてみた

最近の病院について考えてみました。 とりあえず、ホテル並みの受付が多い感じがします。 広

記事を読む

病院とは切っても切れない関係になった

私は子供のころに、凄く元気な体でしたので大きな怪我や病気もしたことがありませんでしたので、亡くなった

記事を読む

私が昨日行った胃腸内科外科病院について

先日、私は膀胱炎だと思い以前に助手で働いていた胃腸内科外科病院に行きました。 そちらでは最初に

記事を読む

PAGE TOP ↑