私の町の親切で高度医療の総合病院

公開日: : 最終更新日:2014/12/16 医療事務 資格

私の地元の親切な総合病院のことについてお話させていただきたいと思います。

ただ、個人情報のことや病院の許可を取っていませんので、私の街の親切な病院を仮に「T病院」とさせていただきます。

私の地元のT病院は看護師さんをはじめスタッフの人たちはみんな親切です。

話は今から16年前のことになりますが、私の父が胃がんで入院した時の話です。

担当医は、父と私たち家族に不安を与えないように病気のことや手術のことなどをとてもわかりやすく説明してくれました。

そして、無事に手術が終わると担当医は私に父の病状と経過を詳しく説明してくれました。
私は担当医の説明を聞いてひと安心しました。

翌日父にその話をしましたら父は自分の病気に関してはあまり心配していなかったようです。

なぜなら、早期発見をして早期に手術を行ったことが一番ですが、その前に内科の先生からいろいろい自分の病状について聞いていたとのことです。

当の父は落ち着いているのに、むしろ取り乱したのは私と私の家内の方でした。

父が手術をしたときはちょうど土曜日だったので家内が私に病院に泊まるように言いました。

そのことを担当の看護師さんに申し出たら父の隣にソファーと布団を用意してくれました。
しかも、その日は私が泊まり込んでいるのに担当の看護師さんは定期的に何回も父の様子を見に来てくれました。

T病院の担当医と看護師さんのおかげで父も予定より少し早く退院することができました。

T病院は郊外の田舎町の総合病院ですが医療技術のレベルは高く医師・看護師をはじめスタッフの方たちは優秀でみんな親切です。

 

関連記事

医療事務の仕事とはどのようなもの?

医療事務の仕事と言えばレセプト、受付と会計とイメージが強いと思います。 病院によって違いますが

記事を読む

医療関係のクリーニングの仕事をしていた父が病院に入院した

私は高校は商業高校でしたので、1級の簿記の資格をとりましたので高校を卒業したら、経理の仕事をするのだ

記事を読む

「行き付けの病院の大切さ」に関するお話

私は2年前に今住んでいる地域へ引っ越しをしてきたのですが、新しく引っ越すということは新しく近場で掛か

記事を読む

医療事務という仕事を円滑に行うには

総合病院で働き始めた私は医療事務の仕事が初めてである事、体調を崩して来院している患者さんを相手にする

記事を読む

病院とは切っても切れない関係になった

私は子供のころに、凄く元気な体でしたので大きな怪我や病気もしたことがありませんでしたので、亡くなった

記事を読む

PAGE TOP ↑